お知らせ


7月の配架本

2011-6-30

○真夏の方程式          東野 圭吾   その夏、少年が出逢ったのは『博士』だった 
○私の家では何も起こらない  恩田 陸  この家、あたししかいないのに、人がいっぱいいるような気がする  
○図書館戦争           有川 浩  正義の味方、図書館を駆ける   
○田村はまだか          朝倉 かすみ  深夜のバー、小学校クラス会の三次会 
○食卓の情景           池波 正太郎  どうして鬼平犯科帳という名作が描けたのか
○偉大なるしゅららぼん      万城目 学  その者が『力』を発揮するとき『しゅららぼん』という奇妙な音がするのだ 
○よこなが きしゃぽっぽ     リチャード スキャリー  かもつをつんだながいれっしゃは、3メートルちかくになります


このサイトへのリンクご希望の方はリンク後で結構ですのでメールにてご連絡いただければ幸いです。
リンクをしたサイトの内容が公序良俗に反するものであった場合リンクをお断りする場合があります。
ページの先頭へ戻る