講座・イベント開催の様子


1月の講座・イベント開催の様子



  • ≪前年
  • <前月
  • 今月
  • 次月>
  • 次年≫
 

おいしいサンドイッチ

更新日時:2016-01-23
サンドイッチで恵方巻き
イメージ
イメージ
イメージ

ロールサンド?いえいえ、サンドイッチで恵方巻きです。彩り豊か、具だくさん・・・。
まずは、サンドイッチ用食パンを3枚つなぎ、長いロール用のパンを作ります。
何気ない作業ですが、実はここが結構ツボです。
「慌てず、丁寧に。ゆっくりやってくださいね~」と先生の言葉でもその重要性がわかります。

今日の具材は、おなじみのたまご、野菜、ハムチーズです。

さて、いよいよ巻き巻きの時間ですね。
手前から3種の具材を順番に並べ、ラップを持ち上げながら巻いていきます。
パンは、決して押さえないように!
ロールサンドを作ったことがある参加者でも、こんな太巻きサンドはさすがに初めてでしたが、全員みごと大成功。
いろんな具材が巻いてあり、食べるところによって味が違うので最後まで楽しさが続き、気付いたら完食!お腹がいっぱいになってました。
食べたあとは、予想以上の満喫感に思わず顔がゆるみます。

節分のランチには「南南東」を向いて、まるがじりしたいです。

サイドメニューの「キャベツと金柑のサラダ」も、すぐに活用できる一品でした。


次回は、3/26(土)「お花見サンド」です。


旬の献立

更新日時:2016-01-22
からだぽっかぽか中華
イメージ
イメージ
イメージ

今日のメニューは盛りだくさんでしたが、それぞれの料理の下ごしらえを各テーブルで手分けし、とてもスムーズに作業が進みました。
皆さんの手際と、チームワークの良さが発揮されましたね。

糸大根の団子は、あつあつで食べるのが多い中華料理の中、冷めてもおいしい一品、お弁当にもおススメです。

スープとおかゆの味のポイントは、骨付きの肉を使うところです。骨付き肉はコクとうまみを出してくれます。
それにしても、山芋がごろごろっと入ったスープは初めてでしたが、目からうろこ!ホクホクもちもちとした食感に奥行のあるスープのうまみが絡み、この料理との出会いは衝撃的でした。
山芋は、調理方法によっていろいろな食感が楽しめる野菜ですが、こんな風にも使えるんですね。

そして、おかゆは生姜の風味がいいですねー。生姜をきかせると、薄味にできるのもいいところです。

凍える夜は身体の芯からあっためて、明日の活力チャージしましょう!


四季の彩

更新日時:2016-01-13
冬色の洋菓子
イメージ
イメージ
イメージ

濃厚なチョコレートの味わいが、心まで満足させるケーキができました。

スポンジケーキ作りの達人の先生。
今日は、ロールケーキ用のレシピで焼きました。
キメ細かく、しっとりふんわり焼き上げるコツをマスターすれば、たくさんの種類のケーキに応用でき、自信がつきますね。
生地は、優しくていねいに扱うことを忘れてはいけません。

そして、チョコレート選びが命です。
チョコレートそのものの香りや特徴が仕上がりに左右するので、ちょっと贅沢なチョコレートを選んでください。

作った翌日から翌々日が一番、また、薄く切った方がおいしいそうです。

今年のバレンタインデーはパテシェ気分で・・・
ラッピングも楽しんでくださいね。

今日は、先生がりんごのケーキを焼いてきてくださり、おしゃれなデザートプレートになりました。

某有名店にも勝るおいしさ!・・・とは、試食をした館長の感想です。


 

つるし雛作り

更新日時:2016-01-13
イメージ
イメージ
イメージ

江戸時代末期から、子や孫の成長を願うやさしく温かい心を込めた風習として、現在も大切にされている伊豆稲取の伝統工芸である「つるし雛」
ちりめんの美しい色が、作業しているテーブルを華やかに彩ります。

ひとりひとり、ひと作業ごと丁寧にご指導くださったので、つまずくことなく作業がはかどりました・・・と参加者。
細工物には、それぞれ意味や決まりごとがあるそうです。縁起が良いだけでなく、とっても奥深いものなのですね。

細かい作業ですが、形になっていくと嬉しく、思わずその世界に没頭してしまいます。
「最後までできるかしら?」と不安がっていた初心者も、見れば見るほどうっとりするような、かわいいつるし雛ができました。

今もなお受け継がれた明治・大正・昭和初期のものがあちこちで大切に残されています。
皆さんの深い愛情がこもったつるし雛もきっと何年、いや何十年も生き続けることでしょう。



このサイトへのリンクご希望の方はリンク後で結構ですのでメールにてご連絡いただければ幸いです。
リンクをしたサイトの内容が公序良俗に反するものであった場合リンクをお断りする場合があります。
ページの先頭へ戻る