最新講座・イベント


4月の講座・イベント

2019年
5月
2019年
6月
2019年
7月
2019年
8月
2019年
9月
2019年
10月
2019年
11月
2019年
12月
2020年
1月
2020年
2月


  • ≪前年
  • <前月
  • 今月
  • 次月>
  • 次年≫
 

幼児パンダ教室 Ⅰ

更新日時:2019-04-26
イメージ

幼児と保護者の体験

■ 日程
4/26、5/10・24、6/7・21各金曜日
■ 対象
1歳~2歳半の幼児と保護者
■ 講師
工藤 直美 先生
塩島 啓子 先生
■ 費用
2,000円(全5回)
■ 受付・募集
4/4(木)~4/23(火)

先着15組

電話または受付

■ 備考
当日は、動きやすい服装でご参加ください。

革工芸

更新日時:2019-04-23
ペンケースを作る

本革を使った、自分で作る、
自分だけのペンケースを作ります。

■ 日程
4/23(火)

9:30~12:00
■ 対象
一般
■ 講師
百々 邦男 先生
■ 費用
1,500円
(革は、生成、赤、紺、黒色より、お選びください。)

※4/16(火)までにお支払い下さい
■ 受付・募集
3/28(木)~4/16(火)

先着10人

電話または受付
■ 備考
持参するもの:筆記用具

※4/17(水)以降のキャンセルは、キャンセル料(参加費)をいただきます。

やさしい手話Ⅰ

更新日時:2019-04-17
イメージ

「手話」は、手の位置,手の形,手の動きなどを
 組み合わせて意味を伝える表意記号で,
 おもに聾者が用いる
 コミュニケーション手段の一つ。
  
 単なる身ぶり記号の組み合わせではなく,
 いくつかの言語的な特徴を備えた
 意思伝達のシステムである。

 

『右図は手話の例です。』
  

■ 日程
4/17・24各水曜日
10:30~12:00
■ 対象
一般
■ 講師
わたなべ 汐里 先生
■ 費用
1,000円(全2回分)
■ 受付・募集
3/21(木)~4/10(水)

先着12人
電話または受付へ
■ 備考
当日は、筆記用具をご持参ください。

季節をあそぼう

更新日時:2019-04-15
春の体験

幼児と保護者の体験

■ 日程
4/15(月)
10:00~11:00
■ 対象
1歳6か月~4歳児と保護者
■ 講師
市丸 千乃 先生
渡邉 良枝 先生
■ 費用
1組500円

※4/8(月)までにお支払い下さい

■ 受付・募集
3/17(日)~4/8(月)

先着20組

電話または受付
■ 備考

季節の野菜レシピ

更新日時:2019-04-09
たけのこ
イメージ

季節の野菜を使ったお料理を作ります。

今回は「たけのこ」

■ 日程
4/9(火)
10:00~12:30
■ 対象
一般
■ 講師
山橋 明子 先生
■ 費用
1,000円

先着12人

4/2(火)までにお支払い下さい
■ 受付・募集
3/15(金)~4/2(火)

電話または受付

※4/3(水)以降のキャンセル、キャンセル料(参加費)をいただきます。
■ 備考
持参するもの:エプロン、マスク、三角巾、ふきん、筆記用具

街歩きガイドと行く

更新日時:2019-04-05
神奈川宿・歴史の道(横浜編)

神奈川宿・歴史の道

「神奈川宿・歴史の道(横浜)」は、
 歴史や伝説を残す要所にガイドパネルを設けるとともに、
 道づくりと景観整備を行い、神奈川区のルーツを
 楽しく訪ね歩くことができるようにした、
 歴史の散歩道です。

 
東海道神奈川宿

 東海道五十三次のひとつ神奈川宿。この地名が県の名前や区の
 名前の由来です。
  またここが、近代都市横浜の母体でもありました。
 しかし、関東大震災と第二次世界大戦によって、
  歴史的遺産の多くを失いました。
 そのため地元の人でさえ、東海道がどこを通り、
  宿場町の様子がどのようであったかを
 知る人は少なくなりました。
  現在、宿場町当時のものはほとんど失われてはいますが、台町の坂などに、
 当時の面影を見つけることができます。

■ 日程
4/5(金)10:00~11:30 センターにて事前学習会

4/12・19・26各金曜日
各出発9:30
■ 対象
一般
■ 講師
伊藤 英雄 先生
■ 費用
700円(全4回分)

※3/31(日)までにお支払い下さい。
※交通費、各昼食代等、自己負担
■ 受付・募集
3/12(火)~3/31(日)

先着15人
電話または受付
■ 備考
※歩きやすい服装・靴で、ご参加ください。

 

百人一首の「なぞ」

更新日時:2019-04-04
歌人たちの人生とその時代

「百人一首」とは、100人の歌人の和歌を1人1首づつ選んだ歌集のことで、
 藤原定家が選んだ小倉百人一首が広く知られています。
  現代では詠み札と取り札に別れたかるたとしての知名度が高く、
 散らし取り、坊主めくりなどといった遊戯や競技かるたのように
 札取りを競い合うスポーツもあり、幅広く親しまれています。


『百人一首』の歌と歌人たち[編集]
 百人一首に採られた100首には、1番の天智天皇の歌から100番の順徳院の歌まで、
 各歌に歌番号(和歌番号)が付されている。
  この歌番号の並び順は、おおむね古い歌人から新しい歌人の順である。

■ 日程
4/4・18・25各木曜日

13:30~15:30
■ 対象
一般
■ 講師
藤野 敏子 先生
■ 費用
1,000円(全3回)
■ 受付・募集
3/10(日)~3/28(木)

先着30人

電話または受付へ
■ 備考
※当日は、筆記用具を持参ください。


このサイトへのリンクご希望の方はリンク後で結構ですのでメールにてご連絡いただければ幸いです。
リンクをしたサイトの内容が公序良俗に反するものであった場合リンクをお断りする場合があります。
ページの先頭へ戻る